低く、中型および超高電圧送電線のための堅いタイプ針金のこより機械

基本情報
起源の場所: 中国
ブランド名: Beyde
証明: ISO9001
モデル番号: 630
最小注文数量: 1 セット
パッケージの詳細: 容器
受渡し時間: 90日
支払条件: L / C、T / T
供給の能力: 200 セット/年
使用法: 、座礁し、堅いフレーム ケーブルの針金のこより機械ねじれます 色: 要件として
名前: 堅いフレーム ワイヤー ケーブルのリード編み機、堅いタイプ座礁装置 アプリケーション: 座礁ワイヤーおよびケーブル
ワイヤー材料: 銅、アルミニウム、鋼鉄 おりは速度を回します: 40-156r/min.
テープ巻き取りリール: PND1600-PND3150 タイプ: ブランク
Eねじれピッチ: 500-2400mm
ハイライト:

堅いフレームのリード編み機

,

ケーブル ワイヤー製造業機械

低く、中型および超高電圧(EHV)の送電線のための堅いタイプ針金のこより機械

集中された負荷はボビン システムの荷を下し、

  1. 使用

この機械は大き長の裸アルミニウム、裸の銅線および鋼鉄芯を取られたアルミニウム座礁させたワイヤーおよびアルミ合金ワイヤーおよび座礁し、密集するセクション コンダクターの生産のために主に適しています。円形のコンダクターのねじられ、堅い出版物。装置は36レベルの牽引の変速機、倍の活動的な、二重牽引装置を採用し、ディバイダーの車輪はより線加工の間に拭くワイヤー中心を避けるために自然な分岐ワイヤーを採用します。装置給料支払いの張力は空気の張力によってワイヤーが完全であることを保障するために制御されます。巻き枠はおよび空の巻き枠は均等に引張られ、完全に壊れた自動駐車装置の独特な機能があります。ばらばらの駐車は各給料支払いの巻き枠に直接制御であり、ばらばらディスクが停止するときホストは自動的にすぐに停止します。

  1. 主要な技術的な変数
2.1単一ワイヤー直径銅φ1.5-5.0m
Aluminumφ1.8-5.0mm
2.2繊維のおりの回転速度
12のボビン
145r/minは、6つの速度の変更を合計します
2.3繊維ピッチ34-950のmm
2.4牽引の回線速度62m/min
2.5主要なモーター力95KW (AC)
2.6フレームの給料支払いのボビンのサイズPND 630
2.7牽引の車輪のサイズφ2000mm
2.8中央給料支払いのサイズPN1600
2.9巻き取り装置のボビンのサイズPN2500
  1. 主要なコンポーネント
3.1φの1600の給料支払い(端シャフトのタイプ)1セット
3.2 12の。ボビンの繊維のおり各々の1セット
3.312. ボビンによって集中されるローディング装置各々の1セット
3.4集まっていることはホールダー死にます3セット
3.5密集させた頭部3セット
3.6メートルのカウンター1セット
3.7

メイン ギア箱および36の等級伝達変速機

1セット
3.8φの2000年の牽引装置1セット
3.9φ2500の入口のタイプ巻き取り装置装置1セット
3.10電気制御のキャビネットおよび作動のパネル1セット
3.11Saftyの保護塀およびカバー1セット

6.12のボビンの繊維のおり

4.2.1おりの各前部は調節可能な前ボタン装置が装備されています。蝶番を付けられたおりに回るためにねじれるおりを運転する地上シャフト伝達おりの変速機があり槓杆握りはねじれるおりの肯定的で、否定的な回転そして空転を実現できハンドルの変更および転移ギヤは容易であり、位置は正確です。

4.2.2 laodのボビンが集中されるとき、蝶番を付けられたおりは回り、置かれます。完了するべき別のモーターがあります。主要なモーターはクラッチによってlaodingボビン モーターに接続されます。クラッチが整流しているときそれぞれモーターおよび上部モーターの回転を制御するのに、2つのモーターが使用されています。クラッチが本管に回るとき主要なモーターはモーター シャフトが1つの側面にあるとき始まることができません

4.2.3フレームの負荷ボビンの位置はフレームおよび近さスイッチの接触によって制御されます。ブレーキは平らなブレーキの4組の位置につき完了します。ブレーキがかかることは有効、信頼できます。おりの各セクションは独立したガス貯蔵タンクがブレーキおよび張力システムを保障するために装備されています。空気圧の安定性。

4.2.4ばらばらの駐車装置は無接触調査を採用し、直接各巻き枠を制御します。巻き枠の1つがばらばらであるか、またはある特定の巻き枠が完了する限り本体を停止するために、信号はすぐに送ることができます。ラインが壊れていた後ラインが壊れていることを確かめて下さい

4.2.5中心にされた負荷ボビンがガスの指ぬきによって締め金で止められた後工程の間に絶対安全を保障するために、巻き枠は機械安全装置がきつく締められ、装備されています。同時に、機械安全装置にリミット制御主要なモーターがあり、すべての安全装置が保険の位置にあるときしか主要なモーターは始めないことができます。

4.2.6巻き枠の張力制御は空気の張力を採用します。張力は圧力調整弁によって自動的に制御されます。それはすべての巻き枠の均一張力を保障する長さ信号に従って自動的に巻き枠が空けるために完全なとき転換します。

4.3油圧中心にされた自動負荷はボビン装置の荷を下し、

4.3.1 laodディスクを集中して、油圧持ち上がるトロリーは巻き枠に順に引っくり返る、歩くおよび荷を積むすべてのプロセスを完了できます。水圧シリンダを通して、線形は柵を滑らせて完了します、操作は便利、信頼でき、読み込みプロセスは速く、有効です。

連絡先の詳細
Max Xu

WhatsApp : +8618606615951